以前の記事で中イキの弊害ということで足ピンオナニーのことを記事にしました。

過去の記事は、こちらから参照できます。

 

実は足ピンオナニーの常習者にとって、非常に良いこともあります。ただし、これは、足ピンオナニーだけに頼っていて、その他の快感が目覚めない方は適用できないかもしません。

女性のオーガズムは、身体が緊張した状態で最も感度が高まる傾向にあります。これは、経験が浅い女性ほど顕著です。

足ピンオナニーのいいところは、この緊張状態になると感度が最大になるということを脳が覚えていることです。

依存度がそれほど高くない女性に対しては、このことを応用した感度向上を行うことができます。

 

膣内の感度が得られる状態になり、Gスポットやポルチオでの感度が得られる頃で(特に膣内開発初期)、大きな波、つまりビックウェーブが来ないときに、足ピン状態を作ることで、擬似的に超ビックウェーブを作り出すことができるのです。

 

これに成功すると、トントン拍子で開発が進みますよ。

中イキに必要な膣圧でもご紹介しましたが、実は、足ピン状態のときは、膣圧がかかっているはずです。(注意深く、観察してみてくださいね)

非常に応用が利く足ピンですが、依存しないように適度であれば、有効な手段になりますよ。

 

 

ハカセ


その他のアドバイス


体験セッションをご希望の方は、お手数ですが、体験セッションの流れをご一読頂き、ご納得頂いた上で、お申し込みフォームより申し込みください。

ブログランキング参加しました。よろしければ、下記クリックをお願いします。

アダルトブログランキングへ