クリイキができるようになり、膣内に感じるスポットか把握できるようになると、いよいよ念願の中イキも後一歩のところまで来ています。

ポルチオを触りながら、自分自身で膣圧のコントロールができるようになると、膣が勝手に痙攣をはじめ、お腹の丹田、子宮の辺りから大きく込み上げてくる気持ち良さを体験することでしょう。

この時に、体験したことの無い快感に怖くなり力を逃してしまう場合があります。具体的には、赤ちゃんがお母さんのお腹の中にいる時のように、膝をお腹に抱えるようにしてしまう格好です。

これは、中イキの最後の砦と言っていいかもしれません。

この時には、自分自身リラックスするように心掛け、(そんな余裕も無いことが多いのですが)、受け入れる気持ちを持つことが重要です。

もし、相手がいる場合、責める側は力んだ行為は、いけません。

女性が、気持ち良いサイクルになった一定のテンポによる刺激を繰り返すのみです。
膣の中に挿入物が、指であっても、ディルドであっても、チンポであってもです、

淡々とした繰り返す刺激。。。

その状態から、
最後にイクのは、女性の意志であって、男性のテクニックではないと思っています。

よく自称テクニシャンな男性が、「女性をイカせた」と表現しますが、はじめての中イキに関しては女性の意思によってイクのです。

私の体験セッションでは、、はじめて中イキした女性には、「良く頑張ったね」と褒めてあげます。

はかせ


その他のアドバイス


体験セッションをご希望の方は、お手数ですが、体験セッションの流れをご一読頂き、ご納得頂いた上で、お申し込みフォームより申し込みください。

ブログランキング参加しました。よろしければ、下記クリックをお願いします。

アダルトブログランキングへ