催眠というとTVなどでおなじみのショー催眠が有名ですが、実は、古くからある心理学、言語学、脳科学などを利用して色々なところで応用、利用されています。

その発祥は、なんと紀元前4,000年前のエジプトにまでさかのぼるというから驚きです。

ローマ時代の逸話としては、西洋の魔術の一つとして上流階級の貴婦人の間で大流行した時期があります。

最初の発端は、宗教儀式の最中に女性がトランス状態になり、人前でオナニーをしたことから、その筋で研究が盛んになったこともあったそうです。

この時の女性は、周りのことを気にせずに激イキだったそうです。

この状態になると、普通のセックスでは体験できないような快感を味わえることから、上流階級の貴婦人たちの間で催眠が大流行したそうです。

昔の人は、催眠によって獣のようなセックスを楽しんでいたということですね。